ペット火葬をする時に使える出張火葬サービス

ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~ ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~

ペット火葬の種類を知る~小動物でも安心~

大切に育ててきたペットを後悔のないようにしっかりと見送ってあげるためにも、ペット火葬会社へ依頼して満足のいくような方法で火葬してもらいましょう。また出張火葬サービスがあるので自宅での火葬も可能となっています。

ペット火葬の種類

合同火葬
合同火葬とは、他のペット達と一緒に火葬をするという方法です。時間は決まっておらず、当日か翌日には火葬をしてくれます。火葬後は霊園で納骨します。火葬している時や納骨には立ち会うことができないということを覚えておきましょう。
個別立会火葬
合同火葬とは違い、個別立会火葬では立会ができます。火葬炉へ入れるところから、火入れの立会や骨の回収までできます。骨を回収するまで休憩ホールで休憩することも可能です。大切なペットを最後まで見送ることができるので、思い残すこともないでしょう。
個別一任火葬
ペットの葬儀終了後に、霊園で火葬と収骨を行ないます。最終的には施主と決めていた方法で骨壷を引き渡します。この際、骨を施主の所へ返骨することもできます。

出張火葬サービスを利用する

自宅で火葬してもらえることはできますか?
できます。最近では出張火葬サービスがあるので自宅で火葬してもらうことができるのです。自宅へ火葬車が来てペットを火葬します。ハムスターなどの小型動物も火葬してもらえます。日本では火葬が主流であるため、土葬よりも火葬の方が良いでしょう。ちなみに火葬の場所は指定できます。自宅が良いのであれば自宅で、思い入れのある散歩コースであれば、散歩コースでという風に火葬場所を選べます。

ペットと一緒に過ごしている時間が長いと、家族と同じくらい大切な存在になります。最後のお別れをする時は、後悔を残さないためにも自分の納得のいくような別れ方をしましょう。

ペット火葬後の対処~霊園を利用するメリット~

小動物をペット火葬した後、遺骨をそのまま持って帰ることができます。ここではペット火葬をした人たちの声を紹介していきます。これから自分のペットを火葬したいという人は、一度霊園を利用した人たちの体験談を見てみましょう。

霊園を利用した人たちの声

安心して供養できる(30代/女性)

ネコを土葬しようとした時に、想像してたよりもずっと広いスペースが必要だなと思いました。土葬した後の匂いも考えると火葬がいいと思い、ペット火葬会社にお願いしました。ペット霊園に埋葬されるので匂いや他の動物に荒らされる心配もなく安心できます。

要望に合わせて選べるオプション内容(20代/女性)

ペット火葬会社を通して、ペットを供養する時に色々な方法があるのを目にしました。訪問火葬や、僧侶によって読経をあげたり、骨を持ち帰ったりできます。まるで人間と同じように弔われています。

ペット火葬会社では、ペットの亡骸を安全安心なところへ保管することができます。また人と同じように弔うことができるので、気持ちに区切りをつけられるような別れ方ができることでしょう。

TOPボタン