ペット火葬をした後に形見を作る~骨粉を保管する~

ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~ ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~

ペット火葬後の思い出の残し方~霊園の豊富なオプション内容~

今まで大切にしてたペットが、ある日突然亡くなるという出来事は辛いものでしょう。飼い主よりも、ペットの方が先に旅立つというケースの方が圧倒的に多いといえます。ここでは、ペットの骨粉を形見にできる、メモリアルグッズなどを紹介していきます。

豊富なメモリアルグッズ

粉骨サービス
ペットの骨をメモリアルカプセルに入れることで、形見にすることができます。ペットの骨をパウダー状にすることでメモリアルカプセルに入れることができるのです。小動物の骨もパウダー状にして入れることができます。
メモリアルカプセル
メモリアルカプセルは1個1000円程度です。キーホルダー付きで鞄にも付けることができます。このメモリアルカプセルは小型なので持ち運びも便利です。どこにでも手軽に持ち運べるので、ずっとペットの形見と一緒にいることができます。
和紙での保管
ペットが生きていた証を残すために、桐箱と色付きの和紙を使い保管できます。保管するものは、ペットの毛や、羽などです。これはハムスターのような小動物でも、鳥のような鳥類でも毛や羽が取れます。それを保管して、生きた証として残せるのです。

霊園や施設によっては、火葬する時の料金が変わります。またペットが小動物かそれとも大型の動物かによって、追加料金が発生することもあるので気をつけましょう。ペットの生きた証を残すためのメモリアルグッズも葬儀費用とは別料金となります。

ペット火葬を行なう時間がない人でも安心

返骨をしてもらいたい場合は、後日返骨プランを利用すると良いです。後日返骨プランを利用することで、ペットの火葬をお願いするだけでなく、後々ペットの骨を返骨してもらえます。

TOPボタン