ペット火葬する前に行なう処置の流れを知ろう

ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~ ペット火葬には様々な種類があります~小動物でも火葬できる~

小動物が亡くなってしまったら~ペット火葬までの処置方法~

女性作業員

自宅で小動物がある日突然亡くなるということは、珍しいことではないといえます。もし自身のペットが亡くなってしまった場合は、どう対処して良いか分からないことでしょう。ここではペット火葬を行なうまでの処置方法を紹介していきます。

処置の流れ

まずは安置する

タオルやビニールシートを敷き、部屋でそっとしておきましょう。動物は死ぬと死後硬直をおこし、体が硬直してしまいます。ですから、手足がピンと伸びているのであれば死後硬直を起こす前に折り曲げておきましょう。腐敗が早まってはいけないので、できるだけ涼しく、日光が当たらない場所で安置するようにしてください。

ペットの体を冷やす

動物が死ぬと体の機能がすべて停止します。体を正常に維持することができないので、内蔵などが傷み始めてきます。ですから、保冷剤を使い腹部を冷やしてあげるようにしましょう。保冷剤はビニールに氷を入れた物を使うと良いでしょう。またドライアイスを使っても問題ありません。

一緒に火葬したいものを準備する

ペットが好きだったものを用意しておくとよいでしょう。写真や食べ物なども一緒に燃やすことができます。ペットが好きだった食べ物は、ビニール袋にくるんでおくと良いでしょう。一緒に火葬できないものもあるので、あらかじめ確認しておくとよいです。

ペットが死亡後は安置しましょう。安置する場合は体液が流れることもあるので、下に何か敷くなどの方法で安置します。保冷剤で体を冷やしておくことも忘れてはいけません。また、ペットと一緒に火葬したいものも準備して、火葬までの準備を整えておきましょう。

安置をする際の注意点

いつもの場所に安置すると良いでしょう。特にペットが気に入っていた場所や、寝床などを選び安置します。小動物であれば、いつものカゴの中でも問題ありません。ペット火葬会社のスタッフがくるまで、楽な姿勢で安置してあげると良いでしょう。死後硬直すると体が固まり動かしにくくなるので、体勢は早めに決めておくように注意してください。

TOPボタン